会社沿革

会社沿革HISTORY

昭和30年2月 西尾市土地改良区内においてコンクリート二次製品を製造する部門として創業
昭和32年2月 西尾市土地改良区より分離独立し、資本金500万円にて西尾コンクリート工業(株)を設立
初代代表取締役社長に本田明治就任
昭和33年2月 事業拡張のため工場用地を3,300m²買収する
昭和34年9月 AP型護岸ブロックを油圧式成型機で製造開始
昭和35年3月 歩道板、U字溝等の道路用製品の製造開始
昭和36年5月 H型法張ブロック、鉄筋コンクリート管の製造開始
昭和37年4月 0.3m³ミキサー3基装備のバッチャープラント完成
昭和40年11月 道路製品のJIS審査に合格し、日本工業規格許可工場に認可
昭和42年1月 鉄筋コンクリート管、道路用L型のJIS審査に合格する
8月 U型アーム、特殊U字溝等の農業土木製品を製造開始する
昭和49年4月 初代代表取締役社長 本田明治死去
本多秀雄 代表取締役社長に就任
12月 資本金2,000万円に増資
昭和50年4月 当社の母体である西尾市土地改良区解散
昭和54年10月 鉄筋三階建て新社屋完成
昭和56年2月 第一工場の改築により最新式連続養生成形プラントを装備
8月 豊田営業所開設 豊田市神田町1丁目1-6
昭和57年2月 大洋スレート工業(株)を買収
5月 豊田営業所移転 豊田市幸町家下34
昭和59年8月 L型擁壁「ザ・ウォール」の製造開始
昭和60年1月 代表取締役社長 本多秀雄死去
石川 栄 代表取締役社長に就任
昭和61年12月 道路用鉄筋コンクリート側溝及び蓋のJIS審査に合格
平成3年8月 蛭川実太郎 代表取締役社長に就任
平成4年2月 18tフォークリフトを導入し、ハイタッチウォールの製造開始
平成6年6月 宅地造成規制法施工令に係わる建設大臣認定のL型擁壁製造工場として適格であることを評定される
平成15年4月 愛知県リサイクル資材評価制度の認定取得
平成17年10月 愛知県知事 建設業許可取得(とび・土木工事業)
平成19年7月 新JISマーク表示制度の認証取得
8月 榊原国男 代表取締役社長に就任
平成25年10月 大洋スレート工業株式会社と合併 豊田工場とする
平成27年10月 L型擁壁「ザ・ウォールII」大地震対応型枠を購入(豊田工場)
平成28年2月 「ザ・ウォールII」大地震対応型の工場認証取得(豊田工場)
3月 現在に至る